インターネット生命保険はいつから始まったのか

インターネット生命保険はいつから始まったのか

最近ではよく耳にする生命保険のインターネットによる申し込みですが、いつから始まったのでしょうか。生命保険と言えば、生保レディーと呼ばれる保険営業職員が、会社や家庭を回り、自分の会社の保険をお客様に説明しながら商品を契約していくという対面型販売が一般的でした。しかし2006年4月の保険業法改正により、金融庁の認可が必要だった保険料が各社の裁量で決定できるようになったことをきっかけに、20008年4月に生命保険のインターネット販売が始まったのです。スタート当初は知名度は低いけれど、話題性は十分にあり、ある市場調査では37%の人が「インターネット生命保険に興味がある」と答えています。しかし、実際に今後加入したいかどうかの質問に「今後加入したい」と答えた人は1%にも満たなかったのです。やはり不安の声が多かったようです。今では消費者に受け入れられて、売り上げを伸ばしています。10年前には考えられなかったことですが、今ではインターネットでネット通販型のタイプから生命保険の内容を調べて、気になる商品の見積もりを出して、申込みをする。これを一人で出来てしまうのです。保険営業職員が契約をしてくれる売り方は人件費などのコストが多くかかってしまいます。そのサービス料も含めて高い保険料を支払うことに了承できる消費者はいいですが、保険料金を安く済ませたい、保険営業職員のプレッシャーに負けてしまう人などもいるのです。保険に掛けるお金、保険に対する考え方も様々な現代、インターネットの生命保険の人気は今後も高まりそうですね。

新着情報

おすすめサイト

関連情報

Copyright (C) インターネット生命保険はいつから始まったのか All Rights Reserved.